簡易トイレの作り方

文章での説明は沢山見かけたのですがイラストがあまり無かったので描いてみました。

どこかで何かのお役に立てれば幸いです。

 

※小さい画像なので印刷には向きませんが、右クリック→画像保存にてご自由にお使い下さい。

 

簡易トイレの作り方

 

  • ・便器が無い場合は段ボールやバケツなどで対応
  • ・感染症や臭気を予防する為、できれば排泄1回につき1袋がベスト(…ですがビニールや新聞の枚数により計画を立てて…)
  • ・使用後は次の人がすぐに使えるようにビニールをセットしておく
  • ・いくら空気を抜いて縛っても臭気は洩れる為、ポリバケツ等にまとめて保管する

 

新聞紙部分はペットシーツや紙おむつ、さらに凝固剤等があればもっと良いですね。

我が家でも防災グッズの見直しをしようと思います。

スポンサーリンク

緊急時・防災 | - | -

高齢者の熱中症対策

冷静で正確な自己分析。見習いたい。

メモはゴミ箱に捨ててありました。好奇心と食欲の前に無力なメモ書き。残念w


熱中症対策に補水液を作ろうとしたのですが、手作りでは日持ちしないようなので大塚製薬のOS-1を購入しました。熱中症だけでなく、脱水症や下痢、嘔吐時などにも補給できるとの事。これは夏期だけでなく常にストックしておこう。

 

また、冷蔵庫だと私のいない間に本人が飲んでしまうので

「本人の目に付きづらい、いざという時にすぐ出せる所」

という事で…押入れの隅っこに「飲まないでね+説明」の張り紙をして保管しています。開封しなければ冷蔵しなくても1年は持つので何事も無ければ熱中症が騒がれる時期に交換しようと思います。


※マンガの線が薄くて見づらいというご意見を頂きちょっと変更してみました。センスが欲しい…」

緊急時・防災 | - | -

主介護者の代わりを考えておこう

いつも清々しい程にぶった切ってくれる母江さん。いれて!あと寿司は私も食べたい!


日頃から「もし私が倒れたらどうしよう…」とか思ってたんですが、母江さんのおっしゃる通り出前システムをフルに使えばいいし、お薬は問題があればドクターに来てもらえばいいし、あと電話指示で本人が動ければお願いしちゃえばいいんだし。

 

注意したいのは「いつもと違う」日常の変化で母江さんが不安になって徘徊してしまうこと。

私が短時間しかいられない場合は夕方ごろに電話で会話をして落ち着いてもらってます。

 

※ちなみにこの時はアルコール消毒とイソジンとクレベリンをフルスロットル!食事と薬を準備してソッコー帰りましたw

緊急時・防災 | - | -
1