<< 認知症と冷蔵庫 | main | 自分の親が認知症だと分かった時 >>

骨盤底筋トレーニング(尿漏れ予防)

母江さんは朝もしくは夜間に尿漏れがあるらしく、いつもお風呂場に洗った下着が干してあります。自分で洗ってくれてるのでそれは助かってますし、運動にもなるのでいいんですがw

それとは別に…本人はガッカリしちゃいますよねぇ。「あぁ…またやっちゃった…」ってなりますもん。

そこで何か改善につながるヒントはないかと尿失禁について調べてみました。

 

 

尿失禁の原因

尿失禁にはいくつかの種類があります。

 

●腹圧性尿失禁…咳やクシャミ、重い物を持つ等でリキんだときに漏れてしまいます。骨盤底筋(排便排尿を我慢しているときに締まってる部分)が衰えてしまうと失禁の原因となります。

●切迫性尿失禁…急に強い尿意を感じてからトイレに座るまでのあいだに間に合わず漏れてしまいます。

●腹圧性と切迫性の混合型尿失禁

●排泄障害がある場合

●機能性尿失禁…手足が思うように動かない、認知症があってトイレの認識ができないなどの理由で漏れてしまいます。

 

 

男性と女性の違い

男性は尿道が長いため『尿が出にくい』傾向。頻尿や残尿が多い。

女性は尿道が短いため『尿が漏れやすい』傾向。出産や肥満、運動不足で骨盤底筋が緩みやすい。

 

 

骨盤底筋がポイント

骨盤底筋が低下しているのであればトレーニングが効きそうです。具体的にドコの筋肉かというと…

骨盤底筋

おしっこを我慢する時に使う筋肉ですね。私もかなり意識しないと動かせません。肛門を絞めると自動的に全部動く感じでした。

 

 

 

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋トレーニング

色々調べてみましたが「肛門と尿道を意識して絞める」というのが必須。膝に枕や小さなボールを挟むやり方もありました。立っていても座っていてもとにかく絞める!絞めたら10秒3セット…など秒数等はまちまちです。

高齢者の場合は体力とやる気と継続が重要なので本人の状態に合わせるとよいかもしれません。

 

スポンサーリンク

排泄 | - | -