<< 自分が間違っている事を認識する毎日 | main | 珍しく「お風呂に入る」と自ら宣言 >>

認知症の「探し物」を一緒に探す

JUGEMテーマ:介護

 

探し物って普通「通帳」とか「財布」じゃない?なんだよ「カブ」ってww

 

 

 

昨日、酢漬けにして食べたいって母江さんが言うから小振りのカブを5個買ったんですよね。

以降私は帰ってしまったので、その後のカブの運命はわからないのですが恐らく

 

カブを剥いて酢漬けに

全部食べる

忘れる

母江さんがゴミ箱の皮と葉を見つける

こりゃカブはどっかにあるぞ!食べたい!

 

という流れではないかと。

「アンタが食べたんでしょ!」

という事にはならなかったのでホッ…

でもここで対応を誤ると攻撃的になってしまうのでとにかく親身になって一緒に探しました。

 

1時間も探していると母江さんも疲れてきます。

頃合いを見て

「今からカブ買ってきてもっかい漬けようか」

と提案。

 

さぁどうだ!?

 

「いやよ面倒くさい!明日買いに行きましょ」

 

成功ーーー!(という事にしておこうw)

 

こういう場面何度かありますが、一番いいのは

「腹をくくる」

だなぁと毎回思います。

時間がもったいない、探しても見つからないのに無駄な事…

とか考えながらやると本人に伝わっちゃうし、介護者のストレスも溜まるばかり。

…ってわかってるんだけど、なかなか腹をくくれない私ですよ。精進精進。

 

 

スポンサーリンク

その他雑記 | - | -