母江さんの「暴言」に反応してしまった日

JUGEMテーマ:介護

こういう時は犬とか猫とか布団とかすごく大事。
 
認知症によるBPSD(暴力や徘徊、物取られ妄想等のいわゆる問題行動)は認知症になったからといって必ず起こるわけではありません。周囲の対応次第で予防、進行を遅らせる事ができます。
 
母江さんはまだ認知症の軽度ですが、私や周囲が対応を間違えれば将来BPSDまっしぐらの可能性が高くなってしまいます。(当然100%回避できるわけではないのですが、BPSDが起こる確率が高くなる行動は極力控えたいですよね)
 
今日の母江さんの暴言、正直大した事ではないのに私はいちいち反応&イライラして突き放した返答をしてしまいました。
でもここで反省してしまうと私の中でクヨクヨが始まってしまう!

なので、現実と今後の対応方法を感情を抑えて脳内会議することにしています。
「ハイ決定、次!」
って切り替えにもなるのであまり考え込まずチャッチャと済ませています。
そして犬はいい迷惑です。犬頑張れ。

全てはBPSD予防の為に!
 「全てはビッグファイアの為に!」って昔のアニメにありましてね…

※ちなみに現在BPSDが起こっている場合でも原因の全てが家族や周囲の対応に起因するものではありません。薬の副作用やダメージを受けている脳の場所、体調、環境変化、周囲の不適切な対応…などBPSDの原因は様々です。

スポンサーリンク

その他雑記 | - | -

ペッパー君と母江さん

JUGEMテーマ:介護

 

 

本日は母江さんの希望で回るお寿司屋さんへ行ってきました。

 

 

お客さんが他にいなかったので母江さんに入店の手続きを任せてみました。

どうかな?うまくできるかしら?

タッチパネルの「2名」をタップしてくれればいいんだけど…

 

 

 

ダメでしたが面白いからヨシとしますw

しかも2歳ほどサバ読んでるし。

 

こういうコミュニケーションロボットは、一人暮らしの母江さんにはとてもいいんじゃないかと思っています。

 

母江さんがよくする質問をあらかじめセットしておけば何度だって丁寧に答えてくれる!

時間になったらラジオ体操の音楽を流してくれる!

母江さんが鼻歌(唱歌とか)歌い始めたら「ふるさと、ですね」って伴奏と歌詞を画面に出してくれる…とかとか!

こんなのだったら欲しいなぁーw

 

実際ペッパー君は様々な介護系のアプリが作成されていて、ユマニチュードの理念や基本が入ったアプリでの会話や、認知症を防ぐ読み書き計算などのアプリ、簡単なものでは「にらめっこ」もあるそうですw

 

何でもない会話って結構大切ですよね。

「寒くなってきたわ」

『そうですね、日が落ちて寒くなってきました。暖房をいれてみてはいかがでしょうか?』

とか。別にグーグルアシスタントみたく暖房のスイッチ入れなくたっていいからさ。

 

俵万智さんの

「寒いね」と 話しかければ

「寒いね」と こたえる人のいるあたたかさ

という短歌を思い出しました。

 

その他雑記 | - | -

肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症(死の四重奏)

JUGEMテーマ:介護

 

昼食前。

なにやら深刻な顔の母江さん。

 

 

母江さん「違うのよー…」

 

わたし「え?何?」

 

 

何かと思ったらそんな事かい。

自分の腹まわりが大変な事になってるという自覚がでてきたのは大変結構。

 

最近特に出っ張ってきたので本人に違和感や膨満感はないか聞いたのですが一切ないとの事。ただ自覚症状が薄い場合も考えられるので排便の有無などは調べてみたほうが良さそう。

さて、どうやるかなー。

その他雑記 | - | -